カヤぶき屋根の補修工事完了

カヤぶき屋根が仕上がりスッキリしました。

013_640x480


036_640x480  挿しカヤの作業


002_640x480  カヤ(すすきを使用)

033_640x480  挿しカヤ作業


061_640x480  棟部分の仕上げ作業


007_640x480  棟飾り完成



カヤぶき屋根の補修工事

春の強風と秋の台風で、カヤぶき屋根があちこち傷んでしまいました。

お願いしているカヤぶき専門会社は、常に忙しいのでなかなか順番が廻ってきませんでした

が、ようやく今日から、補修工事が始まりました。

028_640x480


屋根面は、カヤの少ない部分にカヤを増す(挿しカヤ工法)とし、棟部分は、造り変えます。

044_640x480


050_640x480


054_640x480


色々な道具があり、作業の様子は床屋さんやパーマ屋さんに通じるところがあります。

041_640x480


見ていて飽きません。

ドックランで遊ぶ

昨年から飼っている保護犬が、みるみる大きくなり今では25kgに成長してしまった。

毎日の散歩は、かかせない。夕方になると5分おきに散歩の催促が始まります。

疲れている時は、いいかげんな散歩になってしまいます。

今日は、思いっきり走らせてやりたくて最近知ったドックランに行ってきました。

001_640x480

004_640x480

009_640x480
毎日、このドックランに来れると良いのですが・・・

今日は、楽しかったみたいです。

干し柿づくり2018失敗に終わる

008
今年の干し柿づくりは失敗に終わりました。

干した日から高温つづきの上、小バエが群がっていて数日で発酵が進んでしまいました。

連日、湿度も高いので柿の表面がなかなか乾いてくれませんでした。

1週間後に、気温と湿度が下がってきましたが時すでに遅しで、食べられませんでした。

今年の干し柿づくりは、台風の影響ですべてを狂わされてしまったようです。

来年までに高温でも、干し柿を作れる方法を考えて見ようと思っています。

干し柿づくり2018

今年は台風による塩害で、木の葉はちじれ紅葉なしに落葉した樹木が目立ちます。

庭の柿の葉も一気に落ち、実もくすんだ色をしてしまいました。

少し早いと思ったのですが、今年の干し柿づくりにチャレンジして見ました。

013_640x480

016_640x480


018_640x480

気温が高く、湿度も高いので心配です。

早く寒くなってください。・・・

相談会のお礼

Dsc06906_480x640_2

住まいの相談会に来ていただきありがとうございました。

参考にして頂けたでしょうか。

こちらも勉強になりますので、相談会を毎月開催しようと思っています。

10月は14日(日)を予定しています。

住まいの相談会

しばらく休止しておりました 「住まいの相談会」を今月から再開できるようになりました。

今月は、15日(土)、16(日)に開催いたします。

時間は、AM10時 ~ PM5時を予定しております。

Photo

散歩の途中で一息ついて行ってください。

移築するため建物を解く

いよいよ建物を解いていきます。

造る時と逆の工程で進めますので、室内側から解いて行くのです。

最初に建具を外し、次に天井板や化粧材を外します。それから床材を剥いで床組み材を

撤去します。最後に土壁を落として木組みの構造材だけにします。

R0020817_480x640


R0020816_480x640
屋根の解体作業中は、毎日のように強い風が吹き、萱が舞い上がってしまい、近隣から

クレームが入ったこともあり、当初の方針を変え、屋根を一面づつ撤去する方法にした

ことで、その後は問題なく終える事が出来ました。

R0020824_640x480

古民家の移築工事調査編

古民家の移築工事は、移築前に調査をして図面を作らなければ移築できません。

古民家の場合、図面はほとんどありませんのですべての構造材を調査・採寸して、現状の

図面を作ります。この図面を基に工事計画が立てられますので、とても大切な作業です。

R0019894_640x480
               ライトアップされたカヤぶき屋根の小屋裏

R0019907_640x480


R0019841_480x640
               囲炉裏の煙でいぶされ黒くなった柱や壁

               調査は真っ黒になり、とても危険です。

R0020082_640x480
               床下も調査します。         

古民家の移築工事進行中

時の流れに身をまかせ過ぎてしまったようです。

これから少しづつ投稿したいと思いますので、興味がある方は覗いて見てください。

今日は、現在進行中の古民家の移築工事についてです。

066_480x640


067_640x480


今回は、神奈川県から山梨県への移築ですので、珍しいケースだと思います。

屋根は、先代が寄棟から入母屋に変え、萱葺きを板金で覆っています。

025_640x480

これから、移築ために建物を解いていきます。

«もんじゃ焼デビュー